栄養

ミツバチが薬草や樹木の新芽から生成します

プロポリスは、アフリカ蜂化ミツバチという、セイヨウミツバチとアフリカバチを掛け合わせた種類の蜂が作り出す成分のことです。
プロポリスの成分についてはこちらをご覧ください。
アフリカ蜂の大きさはそのままでセイヨウミツバチを掛け合わせることで凶暴性は少なくなりました。
体が大きいため、たくさんのプロポリスを作ることができます。

このアフリカ蜂化ミツバチが、ユーカリやアレクリンの新芽の先端をかじって持ち帰り、樹液とミツバチ自身の唾液とホルモンを混ぜ合わせてプロポリスを作ります。
このハチがプロポリスを作るのは、アマゾンなどの過酷な環境から身を守るためです。
このプロポリスには、巣の中の殺菌、抗菌作用や、巣の中の温度を一定に守る働きがあります。
特に、アマゾンなどの環境は、過酷で細菌などが多く巣の全滅を防ぐためにも効果を発揮しています。
プロポリスには、抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用も期待できます。

高品質もプロポリスは、色が濃く、若干の苦みがあるそうです。
色が濃いのは、アクレリンという植物の成分が多いためです。
このアクレリンが多いと、抗菌作用が非常に強く、有効な成分がたくさん含まれているそうです。
ユーカリには、抗菌作用、防腐作用、抗炎症作用が期待できます。

色々な効果を期待できますが、プロポリスには副作用がないのでしょうか?

また、ブラジルには、パルプ材の為に植えられたユーカリの森が存在します。
そのために、有効なプロポリスが摂れるようになった、とも言われています。

このように、たくさんの有効成分http://www.nevadaracing.com/protect.htmlが含まれるプロポリスですが、産地によっても入っている成分が違う。と言われています。
ユーカリや、アレクリンを含むプロポリスは、抗菌作用が高いので、ほしい効果にあわせて選びましょう。
購入される際は、産地もチェックしてみましょう。
高級品には、グリーンプロポリスと呼ばれ、ブラジル産のプロポリスです。
基本的に、プロポリスの副作用はないといわれていますが、粗悪品には、体調不良などの副作用がでる場合もありますので注意してくださいね。

Menu