栄養

外敵から身を守るために生産されるパワフルなプロポリス


アフリカ蜂化ミツバチが、強力な殺菌作用を持つプロポリスを作るのは、外敵から身を守るためです。
この外敵とは、過酷な生活環境から引き起こされる、ウイルスや細菌の事です。
アフリカ蜂化ミツバチは、大きい巣で約5万羽とたくさんの仲間と供に生活するためには、巣の中を清潔に保つ必要があります。
また、亜熱帯の過酷な環境では、巣の中がとても暑くなってしまい、水を運んで巣の中の温度を下げる必要もあります。

ただ、水にはたくさんの細菌やウイルスが含まれており、最悪の場合巣の全滅にもなりかねません。
そのために、抗菌作用の強いプロポリスが作られると言われています。
プロポリスは天然防衛成分なんですね。
このミツバチの生活環境が過酷なほど抗菌作用のつよいプロポリスが作られます。

アフリカ蜂化ミツバチの巣は、一匹がギリギリ通れるほどの大きさの入り口の穴があり、その穴の周りに、プロポリスがついています。
これは、アフリカ蜂化ミツバチが、巣に入る際に、細菌やウイルスを持ち込まないようにするためです。
このプロポリスは、ユーカリやアレクリンの新芽をかじって持ち帰り、噛み砕いてミツバチの分泌液やホルモンと混ぜ合わせてワックス状にしたものです。

アフリカ蜂化ミツバチの住むブラジルは、年中温暖な気候で、季節が少ないので年中新芽がとれますし、安定してプロポリスの生成が行われます。
このため、ブラジル産のプロポリスを製品化している商品も多く見られます。
が、他の産地のプロポリスと比べて効果が格段に違います。
そのためにも人気があります。

「アルデビリンC」という成分は、アレクリン由来の植物からつくられるプロポリスにしか含まれていません。
この成分は、抗腫瘍成分を研究で証明されています。
この成分が、異常細胞の増加を抑制し、ミトコンドリアを損害してその細胞を自殺に追い込みます。

などと、ご説明は理解していただけたでしょうか?
まずは、一度試してみて効果を実感してみてくださいね。
最近では、歯磨き粉タイプのプロポリスが話題となっています。

Menu